日本人に多い緑内障のタイプとは

緑内障と一口で言っても、先天異常や老化によるもの、そして他の病気が原因となって起こるものがありますが、隅角の構造から「開放隅角緑内障」と「閉塞隅角緑内障」の2つに大別することができます。以下ではそれぞれの特徴をご紹介致します。

開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)

日本で一番多い緑内障のタイプで、実に約9割の緑内障患者が開放隅角緑内障であると言われています。通常、水の出口である隅角は開いている状態ですが、隅角にある排水路自体が目詰まりを起こすことがあります。正常に水が流れなくなることで眼圧が上昇し、開放隅角緑内障に陥ってしまうのです。

自覚症状がほとんどなく、気づかずに症状が進行していることも珍しくありません。中でも「正常眼圧緑内障」という眼圧が正常な状態の緑内障は、三次元画像解析機器などを用いた眼底検査を行わなければ、早期発見が難しい病気と言えます。

閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)

閉塞隅角緑内障は、若い時は視力が良かった方に多く見られる症状です。
前房隅角の閉塞を伴う緑内障で、慢性的なものと急性的なものがあります。
急性の場合は、眼圧の上昇に伴って激しい痛みや充血、視力の低下、頭痛、嘔吐などの様々な症状がありますが、慢性的な場合は自覚症状がほとんどありません。

閉塞隅角緑内障は、特に遠視気味の女性に多い緑内障と言われていますが、年齢と共に隅角が狭まるのは男性も同様です。昔から眼が良いと言われてきた方も、40歳を過ぎましたら一度眼科で検査を行うようにしましょう。

一度なってしまった緑内障は、残念ながら進行を止めるか遅らせることしか治療ができません。緑内障にならないためにも、日頃から目を労り適切なケアを行うこと、そして何より早期発見が大切です。

浜松市にあります当院では、一般眼科診察の他、緑内障の日帰り手術も行っております。総合病院レベルの最新医療機器を導入し、より安心で質の高い医療をご提供致しますので、浜松市近郊にて眼科をお探しでしたらぜひご利用下さい。

Information

tel.053-412-2220

眼科診療・検査・日帰り手術

受付時間
午前 09:00~12:00
午後 15:30~18:30
*木曜午後・土曜午後および
 日曜・祝日は休診
*土曜日は13:00まで
住所
〒433-8123
浜松市中区幸1丁目15-3
幸メディカルビル2F
あさい眼科
▼YOUコンタクトのHP
YOUコンタクトのホームページへ
◇site map
◇smartphone site