緑内障対策は定期的な検診から

緑内障は、視神経の障害で視野が狭くなっていく病気です。放置すると失明してしまうおそれのある病気なのですが、自覚症状がないため、気づいた時には手遅れになっていることも多くあります。そのため定期的な検診を行い、緑内障を早期発見することが何よりも大切です。

緑内障の初期症状

急性型の緑内障の場合、光るものを見ると周囲に虹がかかったように見えることがあります。また、視神経がダメージを受けることで、視野に見えない部分ができてしまったり、視野が狭くなったりすることがあります。

この時点で緑内障に気づくことができれば点眼薬や内服薬で治療を行うことができるのですが、それがなかなか難しいのです。なぜなら、網膜の中心は目の内側にあり、両目で景色を見ると勝手に片目が映像を補完してしまうからです。

つまり、片目の視野が欠けていたり狭くなっていても、もう片方の目がその見えなくなっている部分を補ってしまうのです。また、毎日見ている映像に慣れてしまうことで、目の異常に気づくことができなくなります。

40歳を過ぎたら定期検診

40歳を過ぎると、緑内障になる可能性がとても高くなります。特に、高血圧、高血糖、冷え性、遠視、強度の近視、頭痛がひどいという方は、視野に異常がなくても緑内障になる可能性があります。

また、こういった方でなくても、40歳を過ぎたら定期的に検診を受けるようにしましょう。40歳以下の方でも、視力の低下を感じたり、目の疲労感、肩こり、頭痛、目のかすみなどを感じたら、すぐに検査をして下さい。

こういった目の異常を単なる疲れ目だと判断して放置する方も多くいらっしゃいますが、緑内障の早期発見のためにもまずは病院で検査を受けるという心構えがとても大切なのです。

浜松市にある当院では、日帰り手術を行っております。一般眼科外来に加え、専門である角膜疾患を中心に白内障・緑内障・網膜硝子体疾患など専門性の高い治療手術に携わってきた実績を持っておりますので、まずはお気軽にご相談下さい。

Information

tel.053-412-2220

眼科診療・検査・日帰り手術

受付時間
午前 09:00~12:00
午後 15:30~18:30
*木曜午後・土曜午後および
 日曜・祝日は休診
*土曜日は13:00まで
住所
〒433-8123
浜松市中区幸1丁目15-3
幸メディカルビル2F
あさい眼科
▼YOUコンタクトのHP
YOUコンタクトのホームページへ
◇site map
◇smartphone site