硝子体と飛蚊症の関係

飛蚊症は誰にでも起こりうるのですが、飛蚊症になるまでの過程や飛蚊症が原因で引き起こされる病気について詳しく知らない方もいらっしゃると思います。こちらで飛蚊症と硝子体の関係についてご紹介するので、目の病気の参考知識として是非覚えておいて下さい。

飛蚊症は硝子体の濁りによって起こる

硝子体とは、眼球の内部にあるゲル状の透明な液体です。外界の光は、角膜、水晶体、硝子体を透過して網膜に到達します。この硝子体は、99%の水分とわずかな繊維を含んでいます。年齢が進むことにより、この水分と繊維が分離し、中に空洞が形成されるようになります。これを後部硝子体剥離といいます。さらに進行すると、硝子体が眼球の内壁から離れて、繊維の塊が眼球内を浮遊するようになるのです。この繊維の塊が本人には影のように見えるため、あたかも虫やゴミなどの浮遊物が飛んでいるように見えてしまうのです。 後部硝子体剥離は加齢によって自然に起こる現象であるため、病気ではありませんが、これをきっかけに目の病気を引き起こすことがあります。

重大な病気のサインにも

飛蚊症は、網膜剥離の症状としてもよく見られます。網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜が剥がれて、視力が低下してしまう病気です。硝子体の牽引により網膜に穴が開いてしまうことで、網膜の血管が破綻して出血します。この際、眼球の内部や硝子体腔まで拡散してしまい、これが飛蚊症として自覚されるのです。網膜剥離は痛みを感じることがないため、こういった異変に早く気づき、すぐに検査を受けて適切な治療を行うことが非常に重要です。

浜松市で硝子体手術をお考えの方は、当院をご利用下さい。当院では、最先端の医療機器を用いて硝子体手術を行います。専門性の高い治療・手術に長年携わって参りましたので、安心してお任せ下さい。一般眼科診療や日帰り手術も実施しておりますので、硝子体手術だけではなく、目に異変を感じている方や緑内障・白内障手術をお考えの方も、是非当院へご相談下さい。

Information

tel.053-412-2220

眼科診療・検査・日帰り手術

受付時間
午前 09:00~12:00
午後 15:30~18:30
*木曜午後・土曜午後および
 日曜・祝日は休診
*土曜日は13:00まで
住所
〒433-8123
浜松市中区幸1丁目15-3
幸メディカルビル2F
あさい眼科
▼YOUコンタクトのHP
YOUコンタクトのホームページへ
◇site map
◇smartphone site