飛蚊症と関係している可能性がある目の病気

飛蚊症の症状が身体に現れている場合は、重大な病気を招いている可能性があります。思い当たる節がある方はすぐに検査を受けて、早期治療にとりかかることをおすすめします。こちらでは飛蚊症と関係している可能性がある目の病気をご紹介します。

網膜裂孔や網膜剥離

目をカメラに例えた時に、フィルムの役割をしている網膜に穴や裂け目ができてしまうことを網膜裂孔といいます。このように網膜裂孔を招いてしまうと飛蚊症が現れます。一部分だけに穴や裂け目ができているからと放置してしまうと症状は悪化し、網膜剥離を招いてしまう可能性もあります。網膜が剥がれてしまうと失明してしまう危険性があるため、飛蚊症を自覚している場合はすぐに検査をしましょう。

硝子体出血

硝子体出血を招く主な原因は、外傷をはじめ、糖尿病や高血圧などの病気を挙げることができます。硝子体はゲル状であるため、硝子体内で出血しているにも関わらず、ただの飛蚊症として自覚してしまうと、出血していることになかなか気づくことができないという危険性があります。

ぶどう膜炎

とても複雑な作りである目の中でも、虹彩・毛様体・脈絡膜は、血管と色素に大きく関わっている大切な部分といえます。この3つの総称をぶどう膜といい、ぶどう膜の周辺に炎症が見られることをぶどう膜炎といいます。ぶどう膜炎を招くと硝子体が濁るため、眼痛や目のかすみ、視力低下、充血をはじめ、飛蚊症の症状が現れる場合もあるのです。

浜松市周辺にお住まいの方や、浜松市にある眼科をお探しの方は当院をご利用下さい。当院は浜松市にて白内障・緑内障だけでなく、網膜硝子体手術も行っています。
スケジュールや費用を大幅に抑えることができる日帰り手術は、入院することができない事情を抱えられている方から注目を集めています。目の病気、普段から目の状態を細かくチェックすることはもちろん、眼科で定期検査を受けることが早期発見へと繋がります。白内障・緑内障、網膜硝子体手術は当院にお任せ下さい。

Information

tel.053-412-2220

眼科診療・検査・日帰り手術

受付時間
午前 09:00~12:00
午後 15:30~18:30
*木曜午後・土曜午後および
 日曜・祝日は休診
*土曜日は13:00まで
住所
〒433-8123
浜松市中区幸1丁目15-3
幸メディカルビル2F
あさい眼科
▼YOUコンタクトのHP
YOUコンタクトのホームページへ
◇site map
◇smartphone site