目の病気

目には数多くの神経や組織が複雑に張り巡らされており、外界から得た視覚情報を脳へ送っています。
私達が美しい花を見て感動できるのも、目のおかげなのです。
しかし、最近ではパソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けて、疲れ目になる方が増えています。
また、目の病気にかかる方も数多くいらっしゃいます。
目の健康はとても大切です。病気にならないためにも、日頃から目を大切にしましょう。
目に関する主な病気

・ものもらい
ものもらいとは、まぶたのふちや裏側に細菌が感染して起こる急性の化膿性炎症です。
麦粒腫と霰粒腫の2種類があり、原因や症状も異なります。
麦粒腫は、まぶたにある分泌線や毛穴に黄色ブドウ球菌が入ることによって起きる炎症で、まぶたの一部が赤く腫れて痛みやかゆみ、充血といった症状が現れます。
霰粒腫は、脂を出すマイボーム腺がつまることによって起きる炎症です。
まぶたにしこりができ、そこに細菌が発生すると赤く腫れ、痛みを伴うこともあります。


・緑内障
緑内障は一般的には眼圧が上昇する事で視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病状のことです。
視神経には目から入る情報を脳に伝達する役割がありますが、その視神経に障害が起こると失明する恐れがあります。
非常にゆっくり進行するので、初期段階では自覚症状はほとんどないといわれています。
しかし、急性の緑内障の場合は眼圧が急上昇するので、頭痛や吐き気、目の鈍痛など激しい症状を伴います。


・飛蚊症
視界に黒点や虫のようなものが現れる症状を飛蚊症といいます。
飛蚊症の原因は、特に治療が必要でない生理的なものと、放っておくと視力が低下してしまう病的なものに分けられます。
病的な原因の場合、網膜剥離や網膜裂孔を引き起こす場合もあるので、早めに検査する必要があります。


・角膜障害
打撲やケガによる角膜上皮、内皮障害、角膜穿孔があります。その他に細菌やウイルスによって角膜表面についた傷から感染することもあります。
コンタクトを使用されている方も注意が必要で、コンタクトの長時間使用またはコンタクトを使用していることによる目薬の多用は角膜上皮障害を引き起こします。
軽度であれば目薬の処方で済むこともあります。しかし症状がひどい場合は、角膜の混濁が高度になり場合によっては角膜移植の手術が必要になる事があります。



気になる目の症状をご相談ください

静岡県浜松市にある当院では角膜疾患、白内障をはじめ目に関する病状を診察しています。
日帰り手術も可能ですので安心して当院をご利用下さい。

Information

tel.053-412-2220

眼科診療・検査・日帰り手術

受付時間
午前 09:00~12:00
午後 15:30~18:30
*木曜午後・土曜午後および
 日曜・祝日は休診
*土曜日は13:00まで
住所
〒433-8123
浜松市中区幸1丁目15-3
幸メディカルビル2F
あさい眼科
▼YOUコンタクトのHP
YOUコンタクトのホームページへ
◇site map
◇smartphone site