視力低下の原因

視力低下の原因はひとつではありません。
近視、遠視、乱視などの屈折異常による視力低下は急に起こるものではなく、成長や視覚環境の変化に伴い徐々に症状として現れる場合があります。
また、眼底の病気などで視力が低下している場合もあるため注意が必要です。
屈折異常とは

最初に近視ですが調節せず見た場合、焦点が網膜の前に来る状態です。
原因としては眼の長さが長いか、角膜や水晶体の屈折力が強いために起こります。遠くはぼやけて見えますが、近くはよく見えます。
凹レンズの眼鏡を使用して矯正できます。
社会的生活環境や近くの作業の継続などが原因として考えられていますが、詳細は解明されていません。
特に若年者では、長時間近くにあるものを見続けたりすることで近視がおきやすくなると言われています。


現代人の近視進行の増悪要因としてよく指摘されるのが、携帯ゲーム機の長時間使用やパソコンの使用等のVDT(Visual Display Terminal)作業の増加です。
遠くを見るときにぼやけたり、かすんで見えたり、眼を細めて物を見る習慣がついたり、調節と輻輳のバランスがとれず、眼精疲労を起こしやすいなどの症状が起こります。
正しい眼鏡やコンタクトレンズの使用で改善が期待できまさすが、他の治療法としては近視矯正手術で回復する場合もあります。


次に遠視ですが、焦点が網膜の後ろに来る状態です。
その原因は、眼の長さが短いか、角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こります。
遠いところを見る時も、近いところを見る時も良く見えません。しかし、若年時はある程度調節ができ、遠いところも近いところも見ることができます。
凸レンズを装用することで矯正します。そして乱視ですが、角膜の縦と横のカーブが異なり、網膜のどこにも焦点が合わない状態です。
円柱レンズを装用することで矯正します。 普段テレビを見たり、長時間のパソコン作業によって目に疲れが溜まってきます。
この疲れは眼精疲労と呼ばれ、ひどい場合には頭痛や肩こり、腰の痛みにつながります。
最近はスマホやタブレットの普及によって眼精疲労の蓄積する環境が多くなって来ていると考えられます。
これらの眼の異常に気付いたら病院で検査し眼鏡やコンタクトレンズを使用して正しく矯正する必要があります。


しかしながら眼鏡やコンタクトレンズを用いても視力の改善が得られない場合は要注意です。
眼底の網膜に病気が潜んでいる可能性が考えられます、現在では様々な眼底疾患に対して硝子体手術が可能になって来ています。

目の疲れを癒す方法

目の疲れを癒やすことで、最悪の事態を回避しましょう。

1:遠くを見る時間を増やす
テレビ・PC・スマホなど近くを見ることが多くなっている現代。近くを見ている時間が長くなると、目の筋肉も緊張状態を保ったままになってしまいます。
時々、遠くを見つめて目の筋肉の緊張を解してあげましょう。

2:目を温めてあげる
温かいタオルを目に当てることで、目の疲れを癒やせます。自宅でも簡単に取り入れることができる方法です。目の疲れは特に実用視力低下に繋がりますので、ぜひ取り入れて下さい。



見えづらいと思ったらご相談ください

静岡県浜松市にある当院では硝子体手術をはじめ、視力の低下につながる病状の治療も行います。
日帰り手術も可能になっていますので、忙しい方でもご利用することができます。病気や改善の悩みも、お気軽にご相談下さい。

Information

tel.053-412-2220

眼科診療・検査・日帰り手術

受付時間
午前 09:00~12:00
午後 15:30~18:30
*木曜午後・土曜午後および
 日曜・祝日は休診
*土曜日は13:00まで
住所
〒433-8123
浜松市中区幸1丁目15-3
幸メディカルビル2F
あさい眼科
▼YOUコンタクトのHP
YOUコンタクトのホームページへ
◇site map
◇smartphone site